「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:本( 55 )

日常雑感 曖昧模糊

白川静 常用字解を読む。
善にはなんで羊がいるんだろ?
と思って字解を開いた。
神判に用いる羊に似た神聖な獣を
示しているらしい。

善は、原告と被告が
羊似た神聖な獣の前で
神判を受け
善否を決することを示す。
善は獣を中心に
原告と被告の誓いのことばを
しるした字で、裁判用語。
のち神の意思にかなうことを
善と言い、よい・ただしい
の意味となる。
すぐれる、たくみな、したしむ
などの意味に用いる。

一方で、悪は
亜は地下の墓室の平面形。
生きている人にとっては
忌み謹むべき所。
忌み謹む思いを悪といい
にくむの意味となる。
それは愛好に対する憎悪の感情。

善は罰を覚悟の神判で
悪は感情なんだな。
裁判は人間の智慧の象徴。
野性の感情より智慧、理性が勝つ。
だから、いつも善が勝つ。
勝敗なんて言葉でしかないけど。

善の数ページ前には
戦の字がある。
戦は、盾と矛を組み合わせて
たたかう、いくさ、たたかい
の意味となる。
国語でたたかふは、楯交ふ。
盾を交えるの意味であろう。
おののくの意味にも用いる。
とある。

防御と防御で付き合い
震えを感じること。
ケンカして友情芽生えるって
そういうことかもな。
昔の人は頭がいいなあ。
ちなみに、闘には
ふたりが髪を乱しながら
手をつかみ合って
格闘する形を示し
争うの意味となる。

ついでに、友を引く。
又と又を組み合わせた形。
又は右手の形。
手を取り合って助け合う
の意味となり、
助け合う人間関係
とも、ともだち、なかま
の意味に用いる。

最後に、愛を引く。
愛は、立ち去ろうとして
後ろに心がひかれる
人の姿であり、
その心情を愛といい
いつくしむ、の意味となる。
国語では、かなし、と読み
後ろの人に心を残す、
心にかかることをいう。
はっきりしない、ぼんやりした状態を
あい(ほのか)という。
ひがかげり薄暗いことを
曖(かげる、くらい)といい、
曖昧のようにいう。



Hope to me is like a figure in the hazy doze




[PR]
by hitsuji_yu | 2014-07-05 07:47 |

日常雑感 字解

f0238991_23015862.jpg
白川静の常用字解を読む。

字解とは漢字の意味の解釈。
孤独の孤は、幼くして父のないみなしごの意味。
孤独の独は、群れから離れた一匹の獣の意味。
親もなく、群れもないとは
ずいぶん淋しい字だな、と思う。
反面、自由でもある。

そうか。
心の自由な人は
みんな孤独か。




[PR]
by hitsuji_yu | 2014-04-01 23:02 |

日常雑感 高野聖

f0238991_14235867.jpg
泉鏡花の高野聖を読了
美しい物語

最も邪悪で最も高貴
修羅と観音
双方備えて人間ですか?
どうしたら
もっと自由でいられますか?
貴方なら
なんと応えるだろう?



[PR]
by hitsuji_yu | 2014-03-28 14:24 |

日常雑感 幻影の盾


まこととは思い詰めたる心の影を。

心の影を偽りと云うが偽り。

夏目漱石 幻影の盾





*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-* 
 ↓↓ click here ↓↓
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/ 

◇にほんブログ村 スナップ写真に参加しています 
↓↓ click here ↓↓
 *-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

[PR]
by hitsuji_yu | 2014-03-25 22:37 |

日常雑感 オン!を読む

終いまで考えても止まない問い
どうしてもどうしても
何故?と問わずにはおれない
"私は私である"
この外側には行けない
あたしはバカかもしれない
それでも尚


「あらゆる存在は絶えず、
より違った自分自身に重なり続けていて、
その極限においては、
「退屈と不快」のあまり、自己爆発する。
そういう内的動因がなければ、
あらゆる運動は起こらないし、
われわれの思索もまたない」
埴谷雄高 対話Ⅰ 存在の文学
※池田晶子「オン!」収録


埴谷雄高の言葉はあたしを自由にする。
あたしがあたし自身に禁じている
思考の飛躍を赦すところがある。
一歩間違えばオカルトの批判もなんのその、
全知の不可能性、学問も宗教も科学も
超えていこうとする姿勢に惹かれる。
彼が最後に選んだ表現は文学。
存在に対する問いを諦めない。
決して言えないことを限界まで言おうとする
行為全体で示しているみたいだ、と思う。
バルトが文学でやろうとしてたことに
少し似ているような気がする。
零度のエクリチュールから出発した
明るい部屋。




*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

◇フィルムカメラで撮影した
 モノクロスナップを公開中

↓↓ click here ↓↓


ひつじ湯 flickr Ver.
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/

◇にほんブログ村 スナップ写真に参加しています
↓↓ click here ↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
[PR]
by hitsuji_yu | 2014-03-10 14:33 |

日常雑感 高野聖

f0238991_23341553.jpg


また勉強と思ってみたものの身が入らず。
仕事も家事もする気が出ない。
音楽聴いて気を散らしてみたり、
なるべくひとりの時間作らなかったり。
なにが一番沁みるって旧仮名遣いの小説。
だもんで泉鏡花の高野聖なんか読んでいる。
小説は、論理より自由だから。




*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

◇フィルムカメラで撮影した
 モノクロスナップを公開中

↓↓ click here ↓↓


ひつじ湯 flickr Ver.
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/

◇にほんブログ村 スナップ写真に参加しています
↓↓ click here ↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
[PR]
by hitsuji_yu | 2014-02-27 22:50 |

日常雑感 写らないもの写るもの

死にし児の
胸に注射の針を刺す
医師の手もとにあつまる心
石川啄木「一握の砂」



なんか好きな歌
ちょっと写真だ
と思う

その眼に見える値に
置き換えること
忘れる為に撮る
忘れる為に書く
そうして自由になる
不謹慎だろうか?

例えば
存在というものは
医師の手もとにあつまる心





*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

◇フィルムカメラで撮影した
 モノクロスナップを公開中

↓↓ click here ↓↓


ひつじ湯 flickr Ver.
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/

◇にほんブログ村 スナップ写真に参加しています
↓↓ click here ↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
[PR]
by hitsuji_yu | 2014-02-25 09:34 |

日常雑感 善悪の彼岸

善悪の彼岸って言葉の意味、
よくわかんないまま咄嗟に使ってたが、
ニーチェだった。
ざっくり概要だけ調べてみると、
正しく言葉を使ってたかもしれない。
ニーチェは自由になりたかった人間。
なれないまま死んだだろうか?

非因果的関連
家族的つながり
原型


論理を飛躍する精神
部分だけでは機能しない
ひとつの系


陰陽だけでなく
理性と本能的な感覚のバランスも
ほどよく均衡が保たれている方がいい。





*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

◇フィルムカメラで撮影した
 モノクロスナップを公開中

↓↓ click here ↓↓


ひつじ湯 flickr Ver.
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/

◇にほんブログ村 スナップ写真に参加しています
↓↓ click here ↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
[PR]
by hitsuji_yu | 2014-02-23 11:47 |

岡本かの子「老妓抄」読了

岡本かの子「老妓抄」読了。
ちょっとよくわかんなかった。

「仕事であれ、男女の間柄であれ、
混り気のない没頭した一途な姿を
見たいと思う。
私はそういうものを身近に見て、
素直に死にたいと思う。」

え?と思う。
叶わなかった自分の願いを他者に託すの?
慈善家としてでなく、
己の欲望を満たす為に
他人のそういう姿が見たい、
というのは
少しわかる気がするんだけど。




*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

◇フィルムカメラで撮影した
 モノクロスナップを公開中

↓↓ click here ↓↓


ひつじ湯 flickr Ver.
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/

◇にほんブログ村 スナップ写真に参加しています
↓↓ click here ↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
[PR]
by hitsuji_yu | 2014-02-15 23:20 |

日常雑感 amṛta


よしもとばななの小説アムリタは
どんな話だったか覚えていない。
ずっと昔に読んだ。

「生きていくということは、
ごくごくと水を飲むようなものだ」

って一節とアムリタ=神の水
しか覚えていない。
それを時々思い出す。
中国語では甘露。

渇ききった身体に
ただ無心にごくごく飲む水とは
さぞ美味かろう
甘露であろうと
思ったりしていた。





*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

◇フィルムカメラで撮影した
 モノクロスナップを公開中

↓↓ click here ↓↓


ひつじ湯 flickr Ver.
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/

◇にほんブログ村 スナップ写真に参加しています
↓↓ click here ↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
[PR]
by hitsuji_yu | 2014-02-15 02:25 |


写真を中心に、映画・本・音楽・飯、、、日々思うことなど


by yuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ブログパーツ

www.flickr.com
hitsuji_yu's items Go to hitsuji_yu's photostream
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

↓↓↓ click here ↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

カテゴリ

全体
写真

映画


未分類

お気に入りブログ

M k Cool Pic...
鉄の華     裏道遍路人
古今東西風俗散歩(町並み...
東京雑派  TOKYO ...
ごく私的アングル
ビリー・ザ・カメラ
撮らずには、いられない。
井戸人別館【東京翠影】
kusobaes
a magic lantern
moroyanのドタバタ...
At any time...
ひととひかり
dearly days ...
写真で、一息、暇つぶし・・・
私的な時間。
銀塩カメラ馬鹿一代

人気ジャンル

ファン

ブログジャンル

カメラ
本・読書

画像一覧