カテゴリ:映画( 8 )

バケモノの子

f0238991_21345793.jpg


昨日映画「バケモノの子」を観た。
物語的にはやや駆け足感は否めないけど
熊徹と九太の師弟関係は
センセーとのお教室の思い出と重なり、
なんだか涙なみだだった。

最後のお教室の日は遅刻した。
センセーと最後の二人展にもらった
お手製の卒業証書は店に置き忘れた。
野生の猿を育てるようなものだったんじゃないかと思う。
センセーはいつも笑ってた。

「ほんとはね、ぼくが生徒に育てられてるんですよ」
と言ってたことを思い出した。






*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

↓↓ click here ↓↓


ひつじ湯 flickr Ver.
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/

◇にほんブログ村 スナップ写真に参加しています
↓↓ click here ↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
[PR]
by hitsuji_yu | 2015-07-30 21:58 | 映画

ハンナ・アーレント

f0238991_019275.jpg


土曜日映画ハンナ・アーレントを観た。

映画はアイヒマン裁判を軸に「悪の凡庸さ」
について論じ、批判の矢面に立つ
哲学者アーレントの話。
思考することで人間は強くなる
という信念を持っていたらしい。
台詞は覚えきれなかったが、
理解するとはどういうことか?
を強く訴えかけるくだりが
なんだか泣けた。
勝手にボロボロ涙がこぼれた。

腑に落ちなさが残るのは、
深く思考することは理性的かつ論理的で
冷静さを要求される。
厳密に平等で誠実であろうとする態度より
民衆は感情の方に訴えかけられたいもの
なのだろうということ。
真に何かを理解するより、感情論が優先する。
仕方ない。
真正直であることは、孤独なことでもある。




*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

◇フィルムカメラで撮影した
 モノクロスナップを公開中

↓↓ click here ↓↓


ひつじ湯 flickr Ver.
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/

◇にほんブログ村 スナップ写真に参加しています
↓↓ click here ↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
[PR]
by hitsuji_yu | 2013-12-10 21:27 | 映画

八日目の蝉




TVで 映画「八日目の蝉」を観る

永作博美が
子供を見つめる目がせつない

一分一秒を忘れないように
誰かを見つめた事があるだろうか?
これが最後かもしれないと
見つめた事があるだろうか?

憎み続けた人間との思い出が
人生最愛の時間
それは
哀しいことかもしれないけれど
愛された記憶だけが
人を強くする



*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

◇フィルムカメラで撮影した
 昭和風情漂うモノクロスナップを公開中

↓↓ click here ↓↓


ひつじ湯 flickr Ver.
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/

◇にほんブログ村 スナップ写真に参加しています
↓↓ click here ↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
[PR]
by hitsuji_yu | 2012-06-22 23:20 | 映画

Norwegian Wood


The Beatles - Norwegian Wood


連れの部屋で
映画「ノルウェイの森」を観た
原作は村上春樹
20代の頃 一度読んだきりの
村上作品の中では嫌いな話
「ノルウェイの森」は
短編「蛍」のロングバージョン
あたし的には 「蛍」で完結した物語
何故「ノルウェイの森」が
ベストセラーになったか
今でもよくわからない

映画の方は 原作の雰囲気を
壊さないってか
原作以上に美しいかもね
想像していたナオコの暮らす
療養所の草原は既視感すら感じる
映像が美しすぎて
人間が活きてこない
そんな気もした
サルガトの写真が美しすぎて
戦場の悲惨さや
不条理さを掻き消すみたいに

他人の寝息を聞きながら
スレ違い続ける男と女
或いは人間同士について
思い巡らし
諦めて浅い眠りに就いた



*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

◇フィルムカメラで撮影した
 昭和風情漂うモノクロスナップを公開中

↓↓ click here ↓↓


ひつじ湯 flickr Ver.
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/

◇にほんブログ村 スナップ写真に参加しています
↓↓ click here ↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
[PR]
by hitsuji_yu | 2011-12-21 15:27 | 映画

夏休み映画と言えばアニメ



昨日はジブリアニメ「コクリコ坂から」を
本日はカナダの作家フレデリック・バックの
アニメーション映画
4本立て鑑賞

「コクリコ坂から」にはジブリってこともあり小学校高学年くらいの
子供連れや友達と来てる中学生が多かったが
正直子供には青春ラブストーリーなんてわかんないだろう
なんで親もあれを子供に見せたいのか不思議
1964年って時代背景が馴染みにくいようにも思う
あたし好みな昭和の町並みなのは素敵なのだが
子供にこそフレデリック・バックの映画の方が面白いんじゃないか?
自然と人間の共存がテーマ
奇を衒ったとこがなくてシンプルだと思う
でもバックのアニメは 上品そうな30代~シニアが多かった
お盆の真っ最中のせいもあるかとも思うが
映画館的にもマニアック系映画館だから子供は来ないのかもね
なんだかもったいない
もちろん大人が観てもすごく楽しめる
隣の20代の女の子は爆睡してたけど、、、
色彩が美しくて絵柄もかわいらしい
行ける方は是非観て欲しいアニメーション映画

思いつきで時間ギリギリに行った神保町シアター
外観も面白いし館内はこじんまりした良い映画館である
別の企画で「戦争と文学」特集もやっていて
安部公房脚本の「壁あつき部屋」が観てみたい
17日は出勤だからスケジュール的に無理そう、、、

帰りに喫茶ミロンガ ヌオーバでお茶してスナップ
けっこう充実した一日


f0238991_23403482.jpg



↓↓↓ click here ↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

◇yuki photos
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
[PR]
by hitsuji_yu | 2011-08-15 23:44 | 映画

映画「エッセンシャル・キリング」



あのヴィセント・ギャロが
超久しぶりにスクリーンに!
監督はポーランドのスコリモフスキ監督
「エッセンシャル・キリング」

とにかくギャロが逃げてるらしいです
また観ないうちに上映終わりそう、、、





ギャロの映画は「Brown Bunny」が
一番好きである
泣ける



*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

◇yuki photos
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
[PR]
by hitsuji_yu | 2011-08-02 12:10 | 映画

私的活動写真雑考


f0238991_326681.jpg



先週水曜日映画を観に行った
松田龍平が出てるから
「まほろ駅前多田便利軒」
http://mahoro.asmik-ace.co.jp/

原作は三浦しをん
多分 無料でもらったりしなければ
一生読まないだろうなぁ
と思う作家
食わず嫌いが多い

監督は大森立嗣
俳優麿赤兜が父 俳優大森南朋の兄
麿赤兜も南朋も脇役で出演している
主演は瑛太と松田龍平
なぜか
6月公開映画「軽蔑」(中上健次原作)
http://www.keibetsu.jp/index.html
主演の高良健吾と鈴木杏も脇役で出演
役どころ出で立ちも「軽蔑」的
使ってる役者がいいなとか
大森一家出演とかに興味ひかれた

映画自体は普通
特に何も感想はない
松田龍平がかっこいいから良し
大森立嗣監督は
現代作家作品より
もちっと古風な原作で
映画作った方が
いいんじゃないかなぁ
と思った
それこそ廣木監督の映画原作
中上健次とか

松田龍平は
父ちゃんに良く似ている
と立ち姿を観て思う
昨夜 鈴木清順映画「陽炎座」主演
故松田優作を観ていて
つくづくそう思った
http://hitsujiyu.exblog.jp/15907789/

鈴木清順映画は面白かった
エログロシュールみたいなんかなぁ
と思っていたけど
意外と人間的な感じがした
妖しい世界観や色彩美に
目がいきがち
女の情念の怖さみたいなのが
主題なように見えて
実は男と女の色恋沙汰の
ユーモアとペーソスを
描いているように感じる

博多人形の裏側を覗くくだりは
非常に興味深く面白い
要するに女の股の間の奥には
生まれる前の世界がある
それは死後の世界かもしれないし
或いはその端境の世界
女はの世とこの世を繋ぐ橋

夢と現
嘘と真
表と裏
その端境で
右往左往しながら
生きている
人間のおかしみと悲哀
それが映画「陽炎座」の
面白さだとあたしは思ったが
いかがなもんか



*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

◇yuki photos
http://www.flickr.com/photos/hitsuji_yu/

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
[PR]
by hitsuji_yu | 2011-05-04 03:27 | 映画

ファンタスティック Mr.FOX

久しぶりに映画を観た
ウェス・アンダーソン監督の
「ファンタスティック Mr.FOX」
「チャーリーとチョコレート工場」
の原作者ロアルト・ダールの
「すばらしき父さん狐」を
パペットのコマ撮りで映画化

映画の冒頭で 震災被災者に向け
監督からのメッセージが映し出された
なんかすごいね
対応が素早い、、、

映画自体は ふーんて感じ
コマ撮りアニメは好きな方なので
観に行ったけど
コマ撮りじゃないみたいな
なめらかな動きだ
世界観も細部までこだわってて
すごいかわいらしい

でも観た感想は ふーんて感じ
以前観た ライアン・ラーキンの
コマ撮りアニメのが
面白かったてのが正直なとこ
[PR]
by hitsuji_yu | 2011-04-01 21:25 | 映画


写真を中心に、映画・本・音楽・飯、、、日々思うことなど


by yuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

www.flickr.com
hitsuji_yu's items Go to hitsuji_yu's photostream
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

↓↓↓ click here ↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

カテゴリ

全体
写真

映画


未分類

お気に入りブログ

M k Cool Pic...
鉄の華     裏道遍路人
古今東西風俗散歩(移転し...
東京雑派  TOKYO ...
ごく私的アングル
ビリー・ザ・カメラ
撮らずには、いられない。
井戸人別館【東京翠影】
kusobaes
a magic lantern
moroyanのドタバタ...
At any time...
ひととひかり
dearly days ...
写真で、一息、暇つぶし・・・
私的な時間。
銀塩カメラ馬鹿一代

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

カメラ
本・読書

画像一覧